【夜による作曲と歌劇】
屋根裏部屋 3

「光子はわたしの最愛のキャンサーなの。キャンサーは悪魔の呪文で人間を苦しめるわ。だから、わたしは光子を監視していなくちゃいけないの。それがわたしの重大な仕事なのよ。あの娘に、言葉を覚えさせて呪文を唱えさせるわけにはい…

【夜による作曲と歌劇】
屋根裏部屋 2


お祖母さまは大きな鏡をまえで安楽椅子に揺られながら鏡の中の年老いた女にこう言った。
「光子には父親も母親もいないことにしているわ。そもそも…

【夜による作曲と歌劇】
屋根裏部屋 1

屋根裏部屋にはフランス国歌が雷のように鳴り響いていた。
まるで、子供を閉じこめるのだ子供を閉じこめるのだと叫ぶように。

プロフィールが未設定です

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで