第10回歴史勉強会!
10代20代の若者限定の、歴史勉強会を、田沼事務所では隔月で開催しています。
昨日は若者から「教育史」特に戦間期の教育についての、発表がありました。非常に考えるところが多く、勉強になりました。

左巻きの方による研究では、当時は「皇民化教育」となるのでしょう。「国のために死ぬことを求めた教育」などと。
しかし当時の為政者の立場になって考えたとき、緊迫した国際情勢の中、日本が生き残っていくためには、一致団結するアイデンティティー教育が必要となるのは当然のことと思います。言い換えれば、また起きることと思います。
だからこそ、臭いものに蓋をせず、アイデンティティ教育の必要性と意義も理解しながらも、自立的思考や健全な批判精神を養える教育を、模索すべき、そういう研究をしなければ全く歴史(特に敗戦に伴う高い授業料)から学んでいないこととなる、そう思いました。
とにかく私も、田沼事務所も、これからも常に、歴史を学び続けます。

ナイスしてくれた人(7

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 7

次の投稿

前の投稿

Official

Takashi Tanumaさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで