立て看再設置「看過できない」 京大、被害届提出へ 京都大吉田キャンパス(京都市左京区)に14日深夜に何者かが侵入し、大学側が撤去した学生の立て看板を運び出して再び設置した問題で、京大は15日、「これらの行為は看過できない。厳正な対処を検討していく」とコメントを出した。 川端署や京大によると、14日午後11時過ぎ、学内の撤去済み立て看板の保管場所に3人が侵入するのを京大職員が防犯カメラで確認し、110番した。大学職員と署員が駆けつけたところ、侵入者は立ち去っていた。保管場所の周囲に設けたフェンスの一部が曲げられていた。その後、集まった学生ら約30人が看板を持ち出した。大学職員と一時もみ合いになったが、けが人はなかったという。 立て看板約20枚は15日午前中、正門前や百万遍交差点の石垣などに再び設置されていた。京大は器物損壊の疑いで被害届を京都府警に出す方針。 京大職員組合が設置した立て看板も撤去されたため、同組合は14日、「長年の労働組合活動を抑圧する不当労働行為だ」として、抗議文を山極寿一総長に出した。

#京大 #立て看板 #看過できない

ナイスしてくれた人(5

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 5

次の投稿

前の投稿

#京大を含む投稿

Official

Mitsuoさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで