🔹浦賀の渡船
・歴史:ポンポン船の愛称で親しまれ、浦賀のシンボルにもなっている渡船は、奉行所が浦賀に置かれてまもない享保10年(1725年)ごろから始まる長い歴史を持っています。江戸時代には、船が1艘(そう)で船頭さんが2人。この船頭さんの生活と船の維持管理は、東西浦賀の人々に、鴨居や久里浜など近隣の方も協力しており、まさに生活にかかせない船でした。明治11年(1878年)8月からは、東西浦賀の17町内会の共同体が維持管理をするようになりました。この時の料金は、一人3厘で営業時間は、朝6時から夜10時までで、夜間の料金は倍額と定められました。これが公営交通としての渡船の誕生です。浦賀町が渡船に関わるのは、それから40年後の大正6年(1917年)のことです。この時、町は共同体から5,000円で営業権利を譲渡してもらっています。このころが渡船の最盛期であり、1日の平均乗船客が1,000人にも達していましたので、現在の場所から300mほど港の内で、もう1ルートの営業が行われていました。昭和18年4月、浦賀町は横須賀市と合併し、渡船も横須賀市営となりましたが、その後、昭和24年10月から市の施設を民間事業者に貸し付けて運航する方式に改め、現在に至っています。

東叶神社から浦賀の渡船乗り場へ。ポンポン船に乗って対岸の西叶神社向かいます🚤あっという間の乗船でしたが、海の上は気持ちが良かったです😊

#神奈川県 #横須賀 #風景 #日帰り #旅行 #旅 #写真 #カメラ #浦賀の渡船 #ポンポン船

ナイスしてくれた人(33)

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 33

次の投稿

前の投稿

#神奈川県を含む投稿

Official

Makani

E komo mai!

ナイス、フォローありがとうございます!
Hawaii、山、自然が大好きなフラガール。
現在は地元のサークルで和気藹々 Hulaを楽しんでいます。
ハンドメイドも好きで作品もご紹介しています。

Makaniさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで