『ウコギ飯』

最近、恒例になりつつある混ぜ飯シリーズ。
今回はウコギ+αで作りたいと思う。

ウコギは「五加」ともいわれ、樹皮や根を煎じたり、酒に漬けたりする。強壮作用や冷えに効能があるとのこと。

ちなみにエゾウコギはシベリア人参と言われ漢方に使われる。
抗ストレス作用があり、万能かと思いきや人によっては副作用があるから注意が必要だ。

むかし、ウコギ飯は作ったことがある。若葉を摘んできて塩揉みし、炊きたてご飯に混ぜればできあがりだ。
独特の苦味と爽やかさが春の味って感じだ。

なんせ知識が無かった時分であり、お茶や酒に漬けるなど、応用できることまで気が付かなかった。
いずれ、ヒマがあればやってみよう。

今回はやや成長し過ぎたものしかないので、長めに湯掻いて微塵にしてみる。
同時にアシタバ、オカヒジキも軽く湯掻いたものも、微塵にし合わせて使ってみた。

湯通ししたアシタバ、オカヒジキ、ウコギをみじん切りにし、ブリのほぐし身を加えたものを、熱々ご飯に混ぜ込む。
ダシ、砂糖を適量投入し、最後は塩で味を整えて完成だ。

(味見)
やや、グリーンが強めだけど味は良い。
山菜の苦味が飯で緩和され、ブリの旨味が加わり調和が取れている…コレ、明日の昼ごはん。

葉を取り去って残った枝は、軽くフライパンで炒めて、お茶にする。
もう、捨てるところがない。

ナイスしてくれた人(5

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 5

次の投稿

前の投稿

Official

✩Apollon✩さんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで