ドラマ風詩小説【短編】

近い未来…。

世界は、著しく進歩した…。

その中でも進歩したのが、AIの技術だった…。




『進んでVRに入る一般人』




時は戻って…。

世界は滅亡の言葉で溢れていた…。

そして、外された人々は希望の目で私達を見ていた…。



恐怖の中で目を閉じ

そして再び目を開ける…

時は流れ

人々はその事実に涙し…

驚愕する…



その様子を見ていた、一人の男性…。

男性はふと、あることわざが浮かんだ…。



それは、まるで…




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


*この物語は、選別された世界で起こる事を描いたお話…。

*きっかけは、VR関係の都市伝説動画でした。自分なりの考察を物語にしてみました。

男性が浮かんだことわざは、『飛んで火に入る夏の虫』です。

VRの本当の目的は、『天然知能(人間の意識)』を研究する事にあると思います。

未来の地球は、支配者層と一般人と天然知能体と人工知能体の四つ巴になると思います。

ナイスしてくれた人(4

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 4

前の投稿

Official

kokorobito0さんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで