炊き出し訪問@陸前高田

2011年の震災直後から始まった、『ボランティアの会』の被災地支援。
この7年余りで陸前高田市、岩手県大槌町、福島県浪江町訪問などを含め
今回で22回目となる被災地訪問で、支援と交流を続けて参りました。

私も微力ながらできる限り参加させて頂き、被災地の今をこの目に焼き付け
何かひとつでもお役に立てる事があればと、支援を続けて来ました。

今年も昨日一年ぶりの陸前高田訪問で、コミュニティーホールで開催の
『復興歌謡まつり』に協賛する形で、焼きそば約300食の提供を敢行。
出演者やスタッフ、また会場を訪れた地元の皆さんに喜んで頂きました。

焼きそば提供後には恒例、市内の復興状況を見学するためにバスで移動。
地元の案内人Mさんの解説を聞きながら、復興計画が二年ほど遅れていること
新たなショッピングモールはできたものの、高齢者世帯ではなかなか
その場所まで来ること自体が、難しい等の問題が山積しているとのこと。

また現在は大掛かりな道路工事の最中で、道の駅にも一本松にも近づけず
嵩上げされた土地にできた新たな道路を走っても、今自分が何処に居るのか
何処を走っているのかが分からなくなると仰る、Mさんの言葉が印象的でした。

毎年交流を深めてきた仮設住宅にお住いだった皆さんも、仮設住宅の解体で
この4月からは、其々てんでんばらばらに散らばってしまったとのこと。
この日はコミセン併設の集会場に集まって下さり、久しぶりの再開に歓喜♪
我々も一年ぶりの再会に、様々な想いが込み上げて胸が熱くなりました。
またお会いしましょう!と固く握手を交わし、笑顔の再会を誓いお別れ。

**********

地元の物産品をお土産にする買い物も、復興支援の一翼を担っているかと。
老舗のお味噌やさんが営むカフェで頂いた醤油ソフト、美味しかった~♪
こちらの奇跡の醤(ヒシオ)は、奇跡的に見つかった震災前の「もろみ」を使用。
貴重なもろみを培養して仕込んだ濃口醤油、こくがあってお刺身に合いそう!

往復7時間の日帰り旅はかなり強硬ですが、今年も無事終えられてひと安心。
交渉企画から使用機材の提供、具材の調達下処理まで全てを統轄して下さる
Yさんご夫妻に敬意を表し、心よりの感謝の言葉をお贈りします。
本当にありがとうございました、ご一緒させて頂いた皆様もお疲れ様でした。

ナイスしてくれた人(35

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 35

次の投稿

前の投稿

Official

ななmama

癒しのパグ♪

パグの親子ななとレン、福祉犬ボランティアのお仕事をしています。自然が大好きな飼い主は歩くことや走ること、山登りにロードバイク‥等など気になる事がいっぱい~( ´∀`)

ななmamaさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで