『釣果の処理』

昨日の釣果の処理をする。

カサゴ2尾は、はらわたを取り去り開きにする。
塩と酒の分量をうまく使うのがコツだ。

捌いている最中に釣り針が出てきた。
1匹は口、もう1匹ははらわた。

(´・ω・`)「魚の煮付け…食うの怖いよ」

人間が釣られてしまう。
咀嚼する時、良く噛み「ガシッ」と音がしたら、すぐに疑わないと危ないな。

ここの根魚はどうやらハリごとエサをとり、身体にハリが刺さっていても、気にしない…というか問題ないらしい。

とりあえず、はらわたをとり塩を振って干しておく。


さて、もう一品は磯貝(スガイ)の甘辛煮だ。
火を通したスガイの身を取り出し、砂糖、醤油、生姜、ウイスキー(!?)、ダシなどで味付ける。

調味料を投入後もアクをとり、汁を蒸発させていく。

甘露煮っぽくなったが味は悪くない。
サザエを甘辛煮にした時と匹敵するくらいの美味さだ。
いや、サザエの風味とほとんど変わらない。

経済的にサザエの甘露煮とはいかないが、磯貝を醤油や味噌で味を付けて、煮詰めていくのは王道だ。

ナイスしてくれた人(4

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 4

次の投稿

前の投稿

Official

✩Apollon✩さんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで