「落語」と生きる(149)~笠寺寄席~

5/12
「和顔愛語」~「落語」と生きる(149)~♪

【第38回 笠寺寄席】~

いわゆる【一般のお客様】の前で落語ができる貴重な機会だ。だから、高座名も【光家鶴太】を使う。

今日の演目と演者(敬称略)
◆若者の部
「みどりの窓口」蛙屋景吾郎
「勘定板」名古屋亭龍燃
「ギター漫談」橋野
「紙入れ」本多一麻

◆年寄りの部
「コーヒー好きなお父さん」光家鶴太
「死ぬなら今」好家麦酒
「音曲ふたり漫談」えぐれ & めろん

今日の構成はおもしろい。高校3年生から古希(直前)までの年齢順とのことだ。

鶴太は、後に本格的上方落語の麦酒師匠が控えてくださっているので、安心して気楽にハチャメチャができた。
【復活寄席】の演目「人生いろいろ」を、笠寺版「コーヒー好きなお父さん」に改作した。
前日の夜、世話人のYさんからもお知恵を拝借して完成したのだ。【最初で最後】の演目となろう~♪(^o^)

出演者とそれ以上の人数の協力スタッフの方々、
東光院本堂を【満席】にしてくださったお客様に
心から感謝申し上げる。
そうそう、今回は
【Facebook】や【ブログ】でつながった方々も駆けつけてくださったのだ。感謝~♪

ありがとうございました (^o^)

その後は、いつも聴きに来てくださる先輩方と夕ご飯~気がついたら2時間のおしゃべりタイムだ。
「野良猫のえさやり犯」を捕まえたKさんの話を、いつか落語にしようと決意して帰路につく。(笑)

東京にいる家内の呆れ顔が目に浮かぶ~♪

( ゚д゚)ポカーン

#名古屋 #落語 #おじさん #ボランティア
#腎移植
#笠寺寄席
#東光院
#光家鶴太
#感謝
#呆れ顔

ナイスしてくれた人(49

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 49

次の投稿

前の投稿

#名古屋を含む投稿

Official

らくごの おじさん (家内の腎臓とともに生きる)

ボランティア出前落語・名古屋(学校、老人会、施設等)元教員 

落語大好き、聞くことも、演じることも。学生時代からご無沙汰していた高座に復活、落語を通して言葉の楽しさ、深さ、広さをお伝えしたい。小中学校、老人会、町内会など、お声をおかけください。

らくごの おじさん (家内の腎臓とともに生きる)さんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで