『海を見に』

海を見ることで、日常生活の感覚的な煩わしさから離れられると思う。

海を見て気持ちが洗われるというのは嘘ではない気がする。

波の音や海風が通り過ぎていくとき、人為的ではない何かによって…身体の中に風が吹き抜け、いらないものが出ていき、必要なものが満ちて行く。

・・・うまく言えないけど。

波が岩浜を洗うとき、あたかも自分のからだも洗われた気になる。

波が海に引くとき、塵芥を流し去ってしまうのはまるで、自分のうちにある汚れや、日常の滓を運んで言ってしまう錯覚にとらわれる。

沖のタンカーが外洋に向かうのを見ると、日常ので束縛された気持ちを自由に向かわせる…開放感がある。

ランダムに現れては消える波は、凝り固まってパターン化した生活に馴染んだ心身に新奇さを与える。

沖のある風景をじっと見たり、磯浜を歩き回ったりすると、色々なモノが見えてきたり、身体の奥底にある躍動感に触れることができる。

・・・海は良い。今日は鴨居だ。

ナイスしてくれた人(5

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 5

次の投稿

前の投稿

Official

✩Apollon✩さんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで