◎ 改めて...【私と摂食障害 ‐2】

✒🔖 私と摂食障害、続き



ー ー ー ー ー


最近のことを書こうと思う。昨年の12月から過食状態に陥っている。敢えて、吐くことはしない、極力、下剤も使わない。精神的にはかなりつらくて、半端じゃなく苦しい。


「吐こうと思えば吐けるのに..体重が増えるのを黙って耐えるだなんて..異常食欲が止まらない..浮腫みも便秘も酷いし..いつまで、いつまで?..どうしたら..普通になりたい、普通になりたいよ」


12月、私はすごく焦っていた。何故だかよく分からないけれど、焦りから判断が鈍ったり、パニックになることが多々あった。そんな日が続いた中頃、吐き方の度が過ぎて血だらけになってしまった。口の中も周りも、手も、服も床も... 自分でもビックリして声をあげた。母が駆けつけた。私は母を泣かせ、母は私に言った。


「治そう、頑張ってもう一度、やってみようよ。できる限りのこと、お母さんもする、協力する、吐かない、食べる、過食になっても体重が増えても太っても、また痩せられるから今だけ我慢してみよう。でも今度は、体を壊さないやり方で、苦しくなく、痩せていこう。治る瞬間まで、お母さん、一緒に寄り添い続ける」


母と私は昔から馬が合わないというか、正直、母=毒親という言葉が当てはまる人だと私は思っていて。それでも、私に比べれば... 私こそ、なんて頑固で愚かな娘だろう。





もう一つ。今私は大学病院にかかっている。脊髄腫瘍が見つかって。が、手術できずにいる。腫瘍は結構大きいし、圧迫がひどく、あまり放って置くわけにはいかない強い症状も出ている。それなのに手術ができない。... 摂食障害を患っているから。


手術はそれなりに大変さや困難さを伴うらしい。長丁場で、薬も沢山使う、健康でなければ麻酔すら使用できない。私の場合、摂食障害が壁になっているのだ。


Dr.は優しく頼もしく、親身で、私を責めることをしなかった。焦らなくて大丈夫だからね、何かあれば直ぐに対応してあげられる、今は摂食障害に専念して良いし、でも絶対に気負いしないで。


ただ、一度だけ言っていた..「僕のために治してほしい。僕のこと、嫌いじゃなければ、どうか頑張って治してほしいんだ」..情けなかった。自分で自分を哀しく思った。これも同じ、昨年12月のことだった。....





#摂食障害

ナイスしてくれた人(9

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 9

次の投稿

前の投稿

#摂食障害を含む投稿

Official

アオイさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで