◎ 改めて...【私と摂食障害】

✒🔖 改めて....私と #摂食障害



ー ー ー ー ー


大学2、3年の頃に始まった。最初のきっかけは何だっただろう... 未だはっきりとは分からない。別段、ダイエットとか体型を気にしたり、周りの友人と自分を比較してどうこう、というタイプではなかったと思うから。


ただ覚えているのは、元々?あった不安障害が酷くなり、心療内科で処方された薬を服用し始めたところ、強すぎて(口腔のしびれなどの副作用?)食事が摂れなくなったこと。と、そのタイミングで風邪を引き1週間ほど寝込み、その間まともに食事など出来ず... 結果、短期間で数キロ痩せたこと。


それが嬉しくて嬉しくて。達成感とか、味わったことのない喜ばしさとか。とにかく「嬉しかった」んだ。で..思った..「食べなければ痩せる」「そうだ、食べなければいいんだ」..と。


そこから今13年。まさか、こんなになるとは。私も家族の一人だって、思いはしなかった。浅はかだったし侮っていたし、この病気のことを本当に全く分かっていなかった。無知だった、早くにもっと手を打てなかったものか... 幾度となく自問してきた。


拒食と、過食嘔吐と、拒食嘔吐と、過食だけと。ずっとずっと、繰り返し。


治そうと、下剤や嘔吐を止める→
過食に弾みがかかる→
体重が増える、食欲も異常で止まらない→
つらくて、やっぱり痩せたい...
あるいは食が自然に落ち着く場合も→
食事量が減る(減らす)→
体重が減り出す→
ダイエット?に拍車がかかる→
うまく痩せ始める→
が、時々、過食衝動が起こるように→
吐けばいいんだ、となる→
嘔吐の習慣、下剤も使う(ますます痩せる)→
完全に再びの拒食症→
痩せすぎ吐きすぎなどで、体の限界→
あちこちの不調と、心もボロボロに→
今度こそ治す、と、意を固め→....


情けないと思う。自分でも。思い続けてきた。泥沼にはまったまま、抜け出し方が分からないんだ。


きっと、背景に親との関係性・問題や、俗に言われる自己肯定感の低さ・自信のなさ(という精神的・心理的に解決できていないあれこれ)が根底に、残ったまま、なのかもしれないけれど。....

ナイスしてくれた人(9

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 9

次の投稿

前の投稿

#摂食障害を含む投稿

Official

アオイさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで