米国で「クレジットカード利用」が大幅減少 米国で「クレジットカード利用」が大幅減少 「リーマンショック」に匹敵する信用収縮を警戒米国の「クレジットカード利用」が大幅なマイナスに転じた。ウォール街では「サブプライム層でクレジットバブルが弾け始めたのではないか?」と警戒する声も聞かれる。消費者は物価上昇、伸びない賃金、金利上昇の「3重苦」に直面する中、トランプ米大統領がイランとの核合意を一方的に破棄する暴挙に出たことで原油価格が急騰、ドライブシーズンを前に米景気の先行きに暗雲が垂れ込めている。■クレジットカード利用「2012年12月以来」の大幅な落ち込み3月の米消費者信用残高は年率換算で前月比3.6%の増加にとどまり、6カ月ぶりの低い伸びとなった。2016年の6.8%から2017年は5.2%へと低下していたが、2018年1~3月期は4.2%とさらに低下しており、底入れの気配すら感じられない状況だ。中でも深刻なのが「クレジットカードを含むリボ払いの利用残高」で、3月は3.0%減少と2012年12月以来となる大幅な落ち込みとなった。2012年といえばQE3(量的緩和第3弾)の真っ只中であり、FRB(米連邦準備制度理事会)による金融緩和の力を借りなければ経済が立ち行かなかった時期の話だ。また、2月分が速報値の0.2%増加から0.6%減少に下方修正されたことで、減少は2カ月連続となり、伸び率の低下は4カ月連続となっている

#クレジットカード #減少 #利用

ナイスしてくれた人(5

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 5

次の投稿

前の投稿

#クレジットカードを含む投稿

Official

Mitsuoさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで