SprintとT-Mobile統合、ソフトバンク孫会長が“妥協”した理由片渕陽平 ソフトバンクグループ傘下の米Sprintが、独Deutsche Telekom傘下の米T-Mobile USと事業統合する。両社の交渉は2014年以降、決裂を繰り返し、三度目の正直でようやく実現した。統合により、米国の通信市場でトップシェアを狙える一方、ソフトバンクグループの孫正義会長(兼社長)が「妥協した」という点もある。新会社の経営権だ。 昨年11月、交渉が2度目の破談を迎え、孫会長は「単独とはいかないまでも、対等なパートナーとして合併に臨んだが、折り合いが付かなかった」と説明していた。しかし3度目は、執着した経営権の対等を妥協する。統合後の新会社は、持ち株比率がDeutsche Telekomが41.7%、ソフトバンクは27.4%。Deutsche Telekomの連結対象になる。 「恥ずかしいが、分かった上で飲み込む。一時の恥は、長期的な勝利につながれば恥ずべきことにはならない」。ソフトバンクグループが5月9日に開いた決算説明会に登壇した、孫会長の表情は明るい。妥協の背景には、同社が掲げる「群戦略」がある。
17 Live若者に超人気のライブ配信アプリ「イチナナ」<ユーザー急増中>世界で4000万人突破!10代から50代まで幅広い世代が楽しめるライブ配信アプリ「イチナナ」。アプリをインストール

#統合 #ソフトバンク #妥協

ナイスしてくれた人(6

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 6

次の投稿

前の投稿

#統合を含む投稿

Official

Mitsuoさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで