外国人宿泊客27%増 韓国LCC就航が好影響 鹿児島県11月観光動向

(2018/01/10 06:30)南日本新聞

 鹿児島県は2017年11月の観光動向をまとめた。県内ホテル・旅館79施設に宿泊した外国人の延べ人数は3万4600人で、前年同月に比べ27%増えた。韓国の格安航空会社(LCC)が鹿児島-ソウル線に就航し、韓国人客が大幅に伸びた。
 韓国は前年同月比75.4%増の7000人。ソウル線はイースター航空が11月1日から週3便で運航を始め、大韓航空と合わせて週6便となった。他の国・地域では、香港が27.6%増の1万300人で最も多かった。台湾は8900人(13.6%増)、中国は3000人(6.8%増)だった。

※「征韓論」の西郷人気に乗っかって来るのかな??????

ナイスしてくれた人(9

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 9

次の投稿

前の投稿

Official

tunkuさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで