風が吹いた

声みたいに


息が続く限り

僕は潜っていったんだ


表れては消える

タイミングのはかれない君と

話がしたくてさ


胸の中の騒ぎの奥に

静かに微笑む君は

そこにしかいないようで

何処からでも表れる


でも

いつだって

声を聴かしてはくれない


昔々は

一緒にstoryにdiveして

喜びに弾けた身を飛び出して

閃く光で

宇宙へ飛び出した












君は空に似てる

君は花に似てる

あの猫にも

海にも風にも

全部から君が観てる

微笑んでる












君を忘れ物にしたまんまじゃ

僕は僕に帰れない












君が空に似てるから

僕も空に似てる

君が花に似てるから

僕も花に似てる












すべてから世界を見渡し

次の日に幻にならない夢を観る

転びながらも

歩いてきた道を

シンプルシンキングで光にして

身体中に流す












ああ、

走りだすんだ












またねなんてやめよう

君は僕と一個

何もかもが

一個












そして0

限り無い喜びはらむ0











行こう

光なら

絶望すらそれ












だから行ける












感情が生まれたら

走りだす時

だってそれは

ほんとはただのエネルギー












愛し合うための力












#空 #海 #詩 #ポエム
#in=out

ナイスしてくれた人(68

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 68

次の投稿

前の投稿

#空を含む投稿

Official

みつまさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで