中国、勝利宣言か──トランプ「五輪期間中、軍事演習ない」


ニューズウィーク日本版 / 2018年1月5日 17時0分


米韓首脳電話会談で平昌五輪期間中、合同軍事演習はないだろうとトランプが言ったことに関して、中国は「双暫停」が勝ったと速報。昨年末日本は中国に更なる圧力を求めたようだが、情勢分析を間違ってはいないか。

CCTVが速報――勝利宣言のごとく

4日22時36分、中国の中央テレビ局CCTVのクライアント端末に速報が流れた。韓国の文在寅大統領がトランプ大統領と電話会談を行い、平昌冬季五輪期間中に米韓合同軍事演習を実施しないことで合意したというニュースだ。

それによれば、電話会談は22時(中国時間21時)頃から30分間ほど行われ、文在寅大統領が「五輪期間中、米韓合同軍事演習を延期する意向を明らかにしてくれれば、平和五輪になる」と言ったのに対して、トランプ大統領は「文大統領が私に代わって、五輪期間中、軍事演習がないだろうと言ってもかまわない」と答えたという。

これは北朝鮮が平昌冬季五輪に参加する意向を示したことと、板門店における朝韓対話チャンネルを再開したことに対する(アメリカ側の)回答であるとCCTVは報じている。

何よりも注意を引いたのは、これこそは正に中国がこれまで唱えてきた「双暫停」が遂に実現したことの何よりの成果であると、あたかも「勝利宣言」のごとく緊急速報で報じたことである。毎回くり返しになるが、「双暫停」とは「北朝鮮もアメリカも軍事行動を暫定的に停止して、対話のテーブルに着く」という意味。

その後、トランプ大統領が「米国は100%文在寅大統領を支持する」と話したことも報道された。

六ヵ国協議の中国代表、韓国へ

一方、北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐる六カ国協議の中国主席代表を務める孔鉉佑外交部副部長(外務次官)が、5日から韓国を訪問し、韓国首席代表の李度勲氏と朝鮮半島情勢について協議することになった。CCTVが報道した。孔鉉佑氏は中国籍朝鮮族で、朝鮮半島問題特別代表を兼務している。

孔鉉佑氏はまた、日米の六ヵ国協議代表とも電話会談したと、CCTVは伝えた。



※後略 中国の思う壺?

ナイスしてくれた人(8

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 8

次の投稿

前の投稿

Official

tunkuさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで