長洲未来2位で米国代表入り有力 演技後は涙 テネルが初Vで代表確実に

1/6(土) 13:29デイリースポーツ

「フィギュアスケート・全米選手権」(5日、米カルフォルニア・サンノゼ)

 女子フリーが行われ、SP1位のブレイディ・テネル(19)が219・51点で初優勝し、五輪代表入りをほぼ確実にした。

 10年バンクーバー五輪代表の長洲未来(24)も総得点213・84点で2位となり、2大会ぶりの五輪代表入りに大きく前進。冒頭のトリプルアクセルは両足着氷となったが、渾身の舞を見せ、演技後は涙も見せた。

 カレン・チェン(18)が198・59点で3位、14年ソチ五輪代表のアシュリー・ワグナー(26)が196・19点で4位に続いた。

 米国女子の平昌五輪出場枠は3。今大会の成績と、今季全体の成績を加味して、選考される見込みだ。

※おめでとうございます🎉

ナイスしてくれた人(10

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 10

次の投稿

前の投稿

Official

tunkuさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで