今年も祖母が縫ったお着物を。

母が子育て少し落ち着いた頃に作ってもらったそうで、正に今の私の頃らしい。
長襦袢も縫ってあったけれど正絹だし私汗かきだから自分の洗える襦袢で着てみたら、袖丈があんまり違うのでびっくり。中振袖?慌てて調べたり先生に伺ったり。知らないことばかり。
とっても華やかで綺麗なお着物だけれど帯選びが難しい。ばあちゃんにもっとちゃんと習っておくんだった。

それにしても祖母は、お着物は縫うし、お茶もお花も美容の免状も持っていたし、昔の方ってなんでも出来たんだな、と改めて尊敬。
だって、手縫い!ミシンじゃないの!
母の身丈に合わせたお着物なので、お端折りぴったりで着易かった。自分に合ったものを着れば分かる、と先生が仰ったことを実感。
その後、伯父に縫った半纏?羽織りも何枚か母が出してきて、本当に売り物のように美しくて、祖母を誇らしく思う。

ばあちゃんが残してくれた一点モノ。大切なお出掛けの時に着ようと思います◎

ナイスしてくれた人(9

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 9

前の投稿

Official

zaneさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで