『毒舌仏教入門』ー今東光

●わが、"エロ小説"の精髄-①

✪徳川時代に、本居宣長という有名な国文学者がいました。偉い学者だった人だけれども、『源氏物語』の批評だけはだめですな。このくそ親父の話をすると面白いんですが、この話をすると長くなるのでやめますけど、要するに、作品が天台とーーつまり仏教とくっつき過ぎるといって攻撃している。しかし、『源氏物語』には天台の法味があるとはいっても、天台そのものだというわけではないんですよ。

たとえば『源氏物語』は54巻あります。天台三大部が60巻。そこで、天台の60巻と巻数を揃えるために何やかや前後をつけて、紫式部60巻なんて言っているアホもいますが、これは我田引水のとんでもない間違いだ。そういうことにとらわれちゃいけない。だいたい、紫式部はただ、上東門院という一条天皇の皇后様に読ませるために、書いただけなんです。上東門院という関白道長の娘が読者で、紫式部が第一巻を書いて読ませた。それを読んで「面白いわね。続けてちょうだい」というので、もともと短編だったものがだんだん長編になってしまった。それが『源氏物語』54帖なんです。天台三部がどうのというのと、ぜんぜん直接の関係はありません。

 

#天台 #源氏物語 #紫式部

ナイスしてくれた人(30

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 30

次の投稿

前の投稿

#天台を含む投稿

Official

realinfo

瞬間、瞬間を生きる。

人間の価値は、社会に対してどれだけプラスの影響力を与えることができるかにかかっている。

realinfoさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで