いつも「大きくなったねぇ」「今は何してるの」って、自分の孫かのように話しかけてきてくれた、隣の家のおばあちゃんが突然、他界なさりました。

いつも犬の散歩をさせていて、近所の人ともよく喋っていて、私がここへ引っ越ししてきた十数年前と、小さな子どもの頃からお世話になっていたのであんなに元気だったのに今でも信じられません。インターホンを鳴らせば、外を歩けば出会える気がまだしています。

悲しみはもちろん、何より虚無感に苛まれるような気持ちでいっぱいです。


人って、儚いなと思います。
どれだけ元気であっても、死はやってくる。
何の前触れもなく、突然に。いえ、前触れがあっても、きっと突然だと感じるのでしょう。人間は不幸を考えたくない生き物です。自分にとっての当たり前の生活、大切なものを失う、それはこんなにあっさりと迎えてしまうものなのでしょうか。

いつまでも生きていて欲しい、その裏返しは、いつまでも生きている訳ではない、ということでしょう。

生きている今を大切にしよう、家族・恋人・友人大切に大切に接しようと改めて思いました。

ナイスしてくれた人(6

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 6

前の投稿

Official

ぺんぺんさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで