『平成経済20年史』ー紺屋典子
●2兆円の公的資金投入で利益を得たのは誰かー①

🔯りそなへの公的資金注入は、株価を急騰させた。りそなをはじめとする銀行株だけでなく、株式市場全体に活気が戻った。バブル破裂後の最安値7607円をつけた4月と比べると、まったくの様変わりだった。

竹中金融相は、「不良債権処理が進んだからだ、改革の成果だ」と強弁したが、そうではない。竹中金融プランの180度の転換のせいだった。必要以上の査定の厳格化、不良債権処理で銀行を追い詰めていたにも関わらず、打って変わってりそなに2兆円もの公的資金を注入したからである。

銀行の株主は、破綻、国有化によって株価がゼロになるリスクを負っていたが、一転、そのリスクが消えたのである。米国での竹中発言以来、暴落していた銀行の株価が、急騰したのは当然だった。

しかも、竹中金融プランによって再燃しかけていた金融不安が、消えたのだ。不良債権処理とは、多くの場合、借り手企業の倒産を意味している。自己資本が減れば、銀行は、その12.5倍の融資を貸し渋り、貸し剥がしを余儀なくされる。そうしなければ、8%の自己資本を維持できないからである。
その結果、経済が悪化すれば、さらに不良債権が増えて、自己資本が毀損し、という悪循環である。りそなへの公的資金注入は、その懸念を吹き払った。だからこそ、銀行株を中心に株価が反転、急上昇したのである。


#竹中金融相 #株価が反転、急上昇した #自己資本の維持

ナイスしてくれた人(37

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 37

次の投稿

前の投稿

Official

realinfo

瞬間、瞬間を生きる。

人間の価値は、社会に対してどれだけプラスの影響力を与えることができるかにかかっている。

realinfoさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで