The BeatlesとThe Rolling Stonesの決定的な違いは、
The Beatlesの武者修行がハンブルグどまりだったのに対し、
The Rolling Stonesはロックンロールの本場アメリカで
それをやったということだ。

1962年10月5日、Love Me Doでデビューした
The Beatlesは、既に完成品として目の前に現れたが、
The Rolling Stonesはヒット曲もないのに
アメリカへ行き、シカゴ・ブルースの殿堂
チェス・スタジオでレコーディングをしたり、
James BrownやChuck Berry、Ike Turnerと一緒に
コンサートやらテレビに出たりしたわけです。

自分達のヒーローの目の前で、或いは普段から
そういう音楽に触れている本場の耳の肥えた
お客さんを相手にするたんびに、化けの皮が
はがれていく恐怖は、尋常じゃなかったはずだ。

完成品として登場したThe Beatlesは、
ダイヤモンドをますます研磨するように、
洗練に洗練を重ね、もうこれ以上磨けないというところで、
それを壊しにかかったわけですが、The Rolling Stonesは
原石を掘り起こすところからスタートし、
研磨に勤しんできたわけで、それが本当に
ダイヤなのか屑石なのかを見守るファンも
常に楽しいわけです。

本作はMartin Scorseseの監督で2007年に公開された
映画『シャイン・ア・ライト』のサントラ盤であり、
ライヴ盤。
スコセッシとロックといえば、なんといっても
The Bandの解散コンサートの模様を収めた
『ラスト・ワルツ』がいの一番に思い出され、
更にディランの『ノー・ディレクション・ホーム』があるが、
ここに至ってビーコン・シアターにストーンズを
呼び出して、彼らのライヴをドキュメントすることになった。
つまりスコセッシも、原石を磨いてきた1人ということだ。

ナイスしてくれた人(6

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 6

次の投稿

前の投稿

Official

Donna Lee

一切皆空

出没場所:酒場、コーヒーショップ、
喫煙所、 本屋、CDショップ、
人ごみの端っこなど

趣味:音楽鑑賞、映画鑑賞、
読書、街歩き、妄想
長所:凝り性
短所:頑固

Donna Leeさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで