ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

ジェームズ(ルーク・トレッダウェイ)はギターを手に、ストリートミュージシャンとして日銭を稼いでいた。
ドラッグ更生プログラムの最中のある日、彼はヘロインを摂取して病院に搬送される。
退院後、彼が更生担当者ヴァル(ジョアンヌ・フロガット)が用意してくれた部屋に入居すると、どこからか茶トラの猫(ボブ)が迷い込む。
ジェームズは、猫の飼い主を捜そうとしたが、見付けることができなかった。


主人公のジェームズの肩に乗ってるボブ(猫)にも癒されましたが、話の内容にも感動しました。

見終わった後も心が温かくなる感じでした。

薬物依存症でストリートミュージシャンのジェームズは、更正員に助けられながら何とか生きているんですが、そこへ猫が迷いこんできて。。。というお話です。

ボブをつれて歩くようになって幸せなことも起こっていくんですが、薬物依存症を抱えているためトントン拍子に幸せになっていく訳ではないのでジェームズとボブの行く末を見守っているって感じでした。

猫好きでもそうじゃなくても観てほしい映画だなと思いました。


#ジェームズ #ボブ #薬物依存症
#映画 #ボブという名の猫

ナイスしてくれた人(30

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 30

次の投稿

前の投稿

#ジェームズを含む投稿

Official

se-nochanさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで