いわれてみれば、見なくなった。かつて業界を席巻していたAKB48のテレビCMである。“国民的アイドル”で売った彼女たちの、終わりの始まりがついに――?

 AKB48の“異変”は昨年からうかがえた、と指摘するのは、さる広告業界関係者である。

「ニホンモニターが定期的に発表している『タレントCM起用社数ランキング』という調査があります。2011年には19社に起用された大島優子がランキング1位で“CM女王”となり、翌12年には板野友美と篠田麻里子が揃って20社でトップだった。それ以下の位置にも、メンバーがランキング入りしていたのです。ところが15年にHKT48の指原莉乃、卒業していましたが大島優子が共に10社のCMに起用されたのを最後に、16年のランキングからはAKB勢が姿を消してしまっていたのです」

最新の2017年上半期の結果を見てみても、14社でトップの広瀬すず、10社の綾瀬はるかや有村架純らが続くランキングに、AKB勢の名前はない。

「今では、AKBの新規のテレビCMはゼロに近い。『グループ』としての広告はWEB限定公開ものの類か、AKBとコラボしたソーシャルゲームくらいですよ。全国的に知られたテレビCMでいえば、去年終了した『レイク』が最後ではないでしょうか」(芸能記者)

 その要因には乃木坂46や欅坂46ら、後発の“坂道グループ”の存在があるという。

「最近はCMオファーがあっても、運営側がAKBではなく乃木坂や欅坂に仕事をまわしてしまうと聞いています。坂道グループの露出を増やしたい意向でしょうね」(同)

 実際、乃木坂には白石麻衣や西野七瀬ら複数人が登場する「明治エッセルスーパーカップSweet’s」や「バイトル」のCMがあり、欅坂にもマスク姿の平手友梨奈らを前面に押し出した「コーワ 三次元マスク」の例がある。こうした仕事が、AKBに回されない状況ということなのだろう。

 広告業界としても、AKBよりは“坂道”の恩恵にあずかりたい、との思惑があるよう。

#テレビCM#AKB48#乃木坂46#欅坂46

ナイスしてくれた人(16

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 16

2017/11/09

AKB48は消費者金融のCMに出たばかりに自滅したとしか思えない私。

  • 1

2017/11/09

バイトル…欅が取っちゃったもんねー😁😁😁

  • 1

次の投稿

前の投稿

#テレビCMを含む投稿

Official

みひろ

ネット大好き人間です。

ドライブ、カメラ、絵、ネット、動物などが好きです。九州に住む男性独身です。よろしくお願いします。

みひろさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで