「学生10万人動員」道教育庁防寒対策緊急

大会ブーム造成入場券を購入推進中

酷寒期の安全事故予防・機器サポート

http://www.kado.net/?mod=news&act=articleView&idxno=881607

速報= 4日開かれた2018平昌冬季オリンピック開・閉会式章竣工式、記念行事で低体温症の患者が続出(本紙11月6日5面)など酷寒期に行われるオリンピック防寒対策が急がれる中、学生10万人動員を促進する中、江原道教育庁が寒さに弱いものと明らかになった屋外開・閉会式場の防寒対策作りに非常になった。

道教育庁は平昌冬季オリンピック・冬季パラリンピックブーム造成のために道内の小・中・高・特殊学校の学生10万人が、オリンピックとパラリンピックに参加できるように入場券の購入を推進している。7日現在までに7万人が申請を完了し、今月末までに追加の申請を受けている。道教育庁は、早ければ来月初め、文部科学省の特別交付金100億ウォンを支援を受けるように学生1人当たり10万ウォンずつ算出して現場の学校に特別交付金を渡し、入場券団体購入を完了するという方針だ。

しかし、オリンピックが酷寒期に開き、安全事故が発生する可能性という指摘が提起される学生の安全確保対策が課題として浮上した。また道教育庁は一線の学校で自主的に特別交付金の一部を防寒着、防寒装備の準備に使用できるという点を頻繁に案内してパラリンピック雪上種目は教育庁と直属機関、教育支援庁職員が主に観覧することに決めている。道教育庁の関係者は「学生10万人を動員するが、道教育庁独自の明確な防寒代案を用意するは難しい状況」とし「組織委員会と道で立場を表明すると、それに合わせて準備したい」と述べた。

※防寒着とチケットを買う費用を交付して

小・中・高・特殊学校の学生10万人

を五輪に動員するそうです。

タダ券と防寒着を支給しているのと同じですが、迂回させて

タダ券配っているのではないニダ!

と言い訳しています。あほらし~。

ナイスしてくれた人(10

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 10

次の投稿

前の投稿

Official

tunkuさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで