鮫島「「ジェネシス特報部」だ、江藤に認知されれば救済されるという子供?」
夏野「あの調子では、きっと、奈月は昔から創作話をやっていて、周りには虚言癖があると言われてたのよ」
牛嶋「もしかしたら、本人は何かをやっている、もしくはそれに興味があるなどと言ってしまったんでしょうか?」
手塚「まさか、それ、聞いていた人達にその何かを信奉する人達が混ざっていた事から、話は飛んでない方向に行ったとしか言いませんよねー?」
マロン🐱「にゃつき、にょれが原因で認知するにゃんか?」
ラクレット🐶「奈月さんが生き死にの問題になった理由はある意味、あの癖をやめられなかったからだど思うんです」
モツァレラ🐹「それに〜子供の認知の理由が遺産相続の話だと知って、実に、ある意味、納得したそうです、何があったか詳しい事情は分かりませんが、この事で、相手はひたすら、何があっても耐え忍ぶしかなかった?」
キャラメル🐨「…どうも、その人、過去を取り戻したいと、叫んでいらっしゃるみたいですねー」
鮫島「江藤は実際、ネタを元に推理の演技をしているだけだった、そりゃ〜そうだろう、元々、登場人物の殆どと、全く、面識がないんだ」
夏野「それなら過去に何を言ってたかなんてまるっきり無自覚だったんだわ、病院で目をつけられた事だけは分かったけど、そのほかは全然なんでしょう?」
牛嶋「過去、何があったとしても、周りは、事態を避けるため、彼女に虚言癖がある?ということを伝える、全力で断ってると思います、ですがその人達には何故か、それが通用しなかった?そして、どうも、彼女が選ばれたのは彼らが彼女ではなく、他の何かを信じたのが原因だったらしい?そして、ここで言ってしまいますが、彼女はある意味、登場人物として「名前」だけは真っ先に上がる人間です、しかし、実際の話では全く、出番がありません、あったとしても子供にです」
手塚「じゃあ、やっぱり、あの時、本人は諦めて、手に入れるのは、子供ということにしたんですね?それから、こういう話になったのはどうも、彼らが何がビジネス関係で揉めてる事にあったんでしょう?」
マロン🐱「にゃつき、にゃれからも過去のはにゃしはされてないにゃいにゃよ?」
ラクレット🐶「多分、話す必要など無かったんです、欲しいのは子供ですから、だったらもう、認知しかない」

ナイスしてくれた人(131

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 131

次の投稿

前の投稿

Official

派遣と猫娘の日常さんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで