【 八百万の神 】


私の記事は、思い込みや思い付きだろう!とお叱りを受けるかもしれない。

でも、府に落ちたものを信じたい



アニミズムに於いて
注連縄や鳥居は必要ない、むしろ妨げとなる。

依り代(自身と神を寄り付かせる)となる、木や石や穴や山や風や水が有れば良い!

印として、小さな弊や垂が一つ有れば良い!

注連縄や鳥居は魑魅魍魎を内へ封印、もしくは、魑魅魍魎から避けるための結界とするものだと思う。


魑魅魍魎も八百万の神々の現れの一つであるアニミズムに於いては、結界は妨げとなる。

要は、何れを照準し同調するかは、人間の側のレベル次第なのである。

よって
今日、10年祀って来た家の神棚の注連縄を外しました。

ナイスしてくれた人(13

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 13

次の投稿

前の投稿

Official

太古の桜吹雪

古き善き新しき日本に生きる

アメブロ
【知恵の実を食べたサルのブログ】で

やっております
(プロフ写真のアメーバマークでも飛べます)

花鳥風月・神仏ログが殆ど

古き善き新しき日本を見届けたいと思っております
 m(_ _)m

太古の桜吹雪さんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで