#ランチ
アニマルライツセンターは国内のバタリーケージ養鶏場から殺される直前の鶏(廃鶏)を複数羽引き取り、2016年4月8日、そのうち3羽(梅、あおい、メイ)を鳥専門医で診察してもらった。
3羽とも羽や足を骨折あるいは脱臼し、梅は起立不能、あおいは体中の羽が折れ皮膚が露出し、メイは腹部が触るのもためらわれるほど腫れあがっていた。
 
診断結果
http://www.hopeforanimals.org/tamago/

 
動画は2016年に撮影された複数の日本の採卵養鶏場だ。レアなケースではない。これが日本のスタンダードな採卵養鶏だ。
こういったところで飼育されている鶏たちが、どういった状況なのか、どれだけ極限の状況で生かされているのか、このような過酷な環境で生きなければならない鶏たちの体がどうなってしまうのか、一人でも多くの人と共有してほしい。診断結果に目をとおし、鶏たちの置かれている悲惨としか言いようのない状況に怒り、私たちと一緒に声を上げてほしい。
 
鶏舎の中に閉じ込められている鶏たちに希望の光が差すことは決してない。卵の裏側に隠されている鶏たちの悲鳴に私たちが耳を傾けようとしない限り、この先もずっと彼女たちはこのままだ。
薄暗く埃っぽく仲間の悲鳴が響き渡る鶏舎の中で、四方も床も天井も金網に囲まれ、狭いケージの中で仲間に折り重なるように寝て、羽ばたきも羽づくろいもできず、卵を産まされ続け自らはカルシウム不足になり骨が折れ、ケージの隙間に体が挟まってもそのままの姿勢で動けず時にはそのまま死んでしまう。 
 
 
過酷で喜びの何一つないこんな一生を、私たちと同じように一つ一つがかけがえのない命に、私たちは強いるべきではないのだ。
 
声を上げよう。 
http://www.hopeforanimals.org/tamago/

ナイスしてくれた人(17

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 17

次の投稿

前の投稿

#ランチを含む投稿

Official

猫家知恵蔵☆Vegan☆

著書「Veganという生き方」

http://ameblo.jp/lavenderroom2009/
☆書籍「Vegan(ヴィーガン)という生き方」☆ヴィーガン(菜食)になる15の理由
①暴力反対  ②動物の権利  ③人間の権利 ④労働問題  ⑤健康問題 ⑥環境問題  ⑦食糧問題  ⑧充実度の問題  ⑨食育、命の問題 ⑩動物内格差の問題  ⑪誕生する種を選べないという問題  ⑫感性の問題 ⑬味覚の問題  ⑭被ばくリスクの問題  ⑮暴力に敏感な人が増えることを願って

☆注文☆
発売元「株式会社マインド」1冊1000円(送料別途)
✉ info@mind-k.com
① 本のタイトル ② 冊数 ③注文される方のお名前④届け先

猫家知恵蔵☆Vegan☆さんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで