#看護 #精神科 #看護師

援助者必携
はじめての精神科を読んで①
~精神病患者との関わり方~

 はじめて精神病の患者と接する時、どう接していいか分からないと思う方もいると思います。それが続くと職場にもなじめずつまらない。悪循環です。

 まず、私達が精神病の患者を初めて見た時どのように感じるでしょうか?

 大体の人は変わった人だなと感じるはずです。一見、健常者と変わらないように見えても話したり長く接するうちに、あ、やっぱり変わってるな、と感じるはずです。

 何で患者を変わった人だなと思ってしまうのかは、この本では患者と健常者では考え方の優先順位が違うからと書かれています。

 例えば警察に追われている妄想を持っている患者は、お風呂に入るよりも、いるはずのない警察に怯えてしきりに窓の外を眺めています。お風呂に入って体を綺麗にすることを優先する看護師と、警察から隠れることを優先する患者で優先順位が食い違っています。

 ただ優先順位の違いは一部だけであって、ご飯は美味しいほうがいいし、四季の移ろいを美しいと感じるし、勉強よりカラオケの方が楽しいし、といった具合に私達と優先順位が同じ部分も沢山あります。

 私達が患者という存在を見る時、ついつい病気な部分や、悪いところを探してしまいがちです。特に精神病の患者は外傷があったり点滴していたり、いかにも病人という感じではないので、何が悪いの?と探してしまいがちです。しかし、私達と違っている部分はごく一部しかないことに気づき、大部分の私達と同じ部分を見ることが出来てからは、実は共通の話題も多いと実感させられました。

 援助する上で大変な点は、患者の優先順位と私達の優先順位が食い違う事です。私達と違う価値観で生活しているため、正しいと思う優先順位を押し付けるだけでは理解してもらえないことが多く、場合によってはその場を納めるための嘘や、ご機嫌取りをしなければいけない場合もあります。いつか患者も分かってくれるだろうと考えると、私達の援助には効果がないと思えて無力感に苛まれます。また、患者なんてどうせ変わらないし、喜ぶように適当に対応していればいいと考えると自分のモチベーションがあがりません。

 精神科が合わない、つまらないと感じる理由は多分そこにあります。患者との関わりを通して自分の成長を感じることが大切です。

ナイスしてくれた人(8

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 8

前の投稿

#看護を含む投稿

Official

you1

男性看護師!頑張ります!笑

プロフィールが未設定です

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで