べったら市 べったら漬 浅漬大根
 江戸時代の中ごろから、宝田恵比寿神社の門前で10月20日の恵比寿講にお供えするため、前日の19日に市が立ち、魚や野菜、小宮(神棚)などが売られたのが始まりで糀(こうじ)をべったりつけた浅漬け大根がよく売られたので「べったら市」と呼ばれるようになった。
アメブロはこちら、
http://ameblo.jp/gukoutokuhiziri/entry-12211067814.html
楽天ブログはこちら、
http://plaza.rakuten.co.jp/gukoutokuhiziri/diary/201610190000/

ナイスしてくれた人(6

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 6

次の投稿

前の投稿

Official

gukoutokuhiziri

鎌倉時代の餓死寸前の聖

拙者は、傲慢な、横着な、名誉心の強い、しようのない男である。家庭にいるころは父母を泣かせ、学校にあるころは不勉強で先生に心配をかけ、社会に出でては極端な議論を吐いて友人や先輩の人々に迷惑をかけておる男である。かつては酒食に耽り、賭博に溺れ、その他あらゆる罪悪に汚れた、いわば人の風上にはおかれぬ男である。

gukoutokuhiziriさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで