鮫島「「ジェネシス特報部」だ、10/18は48歳が大手飲料メーカーの「アンバー」のモデル企業で派遣の仕事だ😀」
夏野「情報交換からよ〜コトが決まるまで、江藤は周囲に極秘を要請する一方、今日、主催者側?のひとりと歴史的?な「アンバー会談」をやった😑」
牛嶋「「アンバー?」の社員の方々や他の派遣の方々には「公開」しましたね〜会話はこんな感じです😅」
手塚「契約は本人の許諾を得ない捏造です😠」
鮫島「職場でニンニクや露骨な咳払いはまずかったな〜😅」
夏野「実写版「江藤奈月」が身代わり男を通じて例の男のアプローチを事前に拒否😆」
牛嶋「そういう事情で彼と一緒の劇団や芸能事務所への所属は断る」
手塚「あと、舞台化をやりたければ、キャスト希望者やその支援者の方々はひたすら雑踏に紛れてください、まあ〜要するに放っておいて欲しいそうです😑」
鮫島「ナリキリ女、江藤に急遽、抜擢された「身代わり男」彼の行く末がどうなるかひたすら見守ろう😱」
夏野「ドラマ「sevensafter」と「アンバー」とのコラボで新商品「after」が発売されると告知したんだけど、キャストの個人CMを制作する、飛鳥プロモーションの話によると、それぞれ、共演者がいるらしいわ、どうやら、「ウィスタリア出版」の新企画と繋がりがあるみたい😉」
牛嶋「「ドラマの企画」がありますよ、ストーリーは25年前の話になる予定です、ちなみに、ドラマ「sevensafter」は生家が信奉した「神」よって、生まれながらに魂の制御を行われた「男女7人」が「暗号の刻印」によって、それぞれに悪である事を強制された「神」のプリズナー達と「戦闘」または時に「共闘」し、自分達の世界を滅ぼす、本当の敵を暴きだすという「サスペンスアクション」になります😄」
手塚「「この間」のブログの「東條」ですが、手術台の四人の男女の顔を確認した、「白狼」「高山夕」「「東條景行」「岬タケル」でした」
鮫島「岬タケルの死因は心臓病を患った白狼に心臓を無理やり提供させられ事によるものとされた、あの晩、繁栄の女神の魂の移行の儀式と同時に行われた、東條はあの時、岬タケルに「禁断の書」を譲られた恩義?を感じていたのか、やがて、彼の身に起こる事態を彼に正確に教えた」
夏野「やがて、白狼が意識を取り戻し、見る間にその外見が変わった、「岬タケル」の姿に」

ナイスしてくれた人(214

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 214

次の投稿

前の投稿

Official

「紅く散る」

現在、無期限休止してま〜す。

現在、無期限活動休止となっていますが、更新は「鮫島ヒロシ」「夏野すみれ」「牛嶋隼人」「手塚翔子」の四名が行っています。
私は現在、派遣活動に明け暮れていますが、ナイスの活動は行っています、ブログでストーリー解説している「紅く散る」は私がキャラクター原案を行い、それを再構築したものです

「紅く散る」さんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで