鮫島「「ジェネシス特報部だ、10/15は48歳が「中央エリア」のモデル地区?の「ウィスタリア出版」?で就業であ〜る😅」
夏野「あの地域には「ラビリンスの城」や「スリーファクトリー」「アクアステーション駅」「ジェネシス社食部」のコンビニ二号店もある😆」
牛嶋「あと、「都島グループ」は、「ウィスタリア」と「飛鳥プロモーション」で新企画を検討中の模様です😆」
手塚「…昨日の続きです、東條はこのままでは三井誠一郎が限界だと判定し、車を急発進、絶妙な距離感で、三井誠一郎を避けながら「裸の男」を跳ねました、そう簡単に死なない奴だと分かっているから、情け容赦無しです、後部座席で正気に戻っていた御堂高良は呆気に取られていた😑」
鮫島「結局、三井誠一郎はあの日、西エリアで起きたバスジャック事件の被害者として、「天命病院」に搬送され、大地震による大怪我も警察に出頭を拒んだ、犯人が爆弾で自爆した際に負ったものとされた、恐らく、東條が「禁断の書」偽装したんだろう
夏野「元いた場所に戻された、御堂高良は、やがて「O化学工場」に突如、現れた、バス仕様の「時空マシン」「 ローゼンクロイツ」から降りてきた、見覚えのない大人?達から拘束された、代わる代わる尋問を受けた高良が、彼らに語ったのは自分が記憶しているありのままの事実だった、まず、妹の「奈津子」から呼び出され、待ち合わせ場所を訪れたらそこには、何故か「兄」の「誠一」がいて、突然、現れた、謎の男達が、自分達を撃とうとした」
牛嶋「そうしたら、奈津子が凄い数の男達を従えて、現れて一気に男達と誠一を押しつぶしてしまった、自分は手足が麻痺したように、その場から身動きが取れず、ただ、「妹」の名前を叫ぶ事しか出来なかった、そしたら、今度はいきなり地震が起きて地面が割れた…あっと言う間に男達は制御を失い亀裂に転落して行った」
手塚「その頃、半死半生の三井から戦闘を引き継いだ東條は、炎とは真逆の「氷結」の魔力によって、彼の意識を奪っていました、これで1日は動きを封じることが出来る、その間に色々と、この場所と奴らの事を調べてみるか?と「石橋聖悟」を見下ろしながら東條はほくそ笑んだ」
鮫島「続くだ😅情報交換を頼む」
夏野「江藤は現在、借金返済と「紅く散る」の裏設定をひたすらやってるわよ〜夜の主食はバナナですって〜😅」

ナイスしてくれた人(204

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 204

次の投稿

前の投稿

「紅く散る」さんの最近のブログ

Official

「紅く散る」

現在、無期限休止してま〜す。

現在、無期限活動休止となっていますが、更新は「鮫島ヒロシ」「夏野すみれ」「牛嶋隼人」「手塚翔子」の四名が行っています。
私は現在、派遣活動に明け暮れていますが、ナイスの活動は行っています、ブログでストーリー解説している「紅く散る」は私がキャラクター原案を行い、それを再構築したものです

「紅く散る」さんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで