穂 高 神 社


安曇野市にあるのが穂高神社の里宮(本宮)。最寄駅はJR大糸線の穂高駅になります。

穂高神社の奥宮は上高地の明神に、嶺宮は北アルプス最高峰の奥穂高岳の山頂にそれぞれ鎮座しています。


日本アルプスの総鎮守でもあり、主祭神は穂高見神(ホタカミノカミ)と、それと並列して綿津見(ワダツミ)も祀られています。

この神様はもともと海の神様の祖先だそうですが、長野と海がどうつながっているのか、山に登りながらとても不思議でした。


そこで、調べてみました。


信州の安曇族は、もともと北九州の安曇郷(福岡市東部)を発祥地として、最初のうちは志賀島(福岡市東区)を本拠地としていたそうです。

主に海運を行いながら大陸との交易や交渉を行っていた一族とのことです。


この志賀島は当時、海上交易の出発点として歴史的にも重要な位置づけだったようです。つまり、それだけ文化の高い氏族であったということになります。

また、志賀島にある志賀海神社は綿津見三神を祭神としています。


安曇(あずみ)とは、海人津見(あまつみ)が語源とされる説もあるようです。


この安曇族は、全国へ広がってその名残を各地にとどめたとも言われています。

移住した場所としては、阿曇・厚見・厚海・渥美・阿積・熱海・飽海などがあり九州から瀬戸内海や近畿を経て愛知から静岡を経由し東北の山形へと至っています。

そして、最終的には信州の安曇に本拠地を移していたようです。


穂高神社の例大祭(御船神事)では山で行われる神社にもかかわらず、大きな船の形をした山車が曳かれるのも興味深いものとなっています。

ようやく山と海との繋がりが見つかり納得しました。


私が始めて北アルプスへ登山した際には穂高駅の近くに前泊し、翌早朝に総鎮守の穂高神社に参拝して入山しました。

意外と信心深い山男です。


左上 穂高神社 奥宮(上高地 明神)
右上 穂高神社 嶺宮(奥穂高岳 山頂)
下 穂高神社 里宮(安曇野市 穂高駅)

#登山
#空
#雲
#神社

ナイスしてくれた人(355

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 355

2016/10/14

> ジョー さん
こんばんは。
ありがとうございます。
金印が見つかったのが志賀島なんですよ。
志賀島とそこまでの海の中道というところがデートスポットなんです。

  • 1

2016/10/14

> あられ さん
こんばんは。

そうだったのですね…そこまで存じませんでした。
勉強になりました、ありがとうございます。

海の中道…家内と歩ければ良いのですが、もしかしたら
息子と歩くことになるかも知れません(笑)
それもまた、ありでしょうか。

  • 1

次の投稿

前の投稿

#登山を含む投稿

Official

ジョー

山バカ オヤジ…

登山歴15年ほどのヤマバカ。

#登山 #雲 #空

ジョーさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで