鮫島「ジェネシス特報部だ、10/13 48歳は「スリーファクトリー」のモデル企業で仕事だ😄」
夏野「「紅く散る」謎の光が「御堂高良」の全身に、降り注ぎ、正気を失っていた何分かの間に彼の「魔力」とそれに連動して「異能力覚醒」が行われた、魔力異能力と呼ばれる、その新たな力は大地を揺るがす「地殻変動」😱」
牛嶋「しかし、それが本格化する直前に、いきなり時空から現れた、車が彼を攫ったそうです、マシンを操縦していたのはあの「東條景明」」
手塚「東條は、我を失った、高良を後部座席に座らせ、その場で唖然としている「奈津子」を一瞥し、「混沌の巫女」と呟いた。何時からかは不明なんですけど〜「魔窟」と呼ばれる南エリアの禁止区域で「儀式?」という名の研究を繰り返していた…如月家が、「斎王」の様々なコネクションから「才能」のある子供達を買取り、徹底教育しているという噂がありました😅」
鮫島「どうやら如月家の当主は「御堂高良」を「難波一朗」に廃棄させた事を相当、「後悔」したらしいぞ、例え、気に入らん男の子供でも、奴が「最高級品」なのは事実だろ〜😑」
夏野「確かにね〜「コロシアム」や「御堂コーポレーション」他にも経営する事業は全て成功だもの、そういう事情で「御堂高良」は「魔窟」にも狙われていたのよ、まさか、皇族の「御堂聡」や「桐生紗凪」に「気が変わったから」返せとは要求できないでしょ〜それで困って「難波一朗」に連れ戻せと命令したが、もう、「使用人」ではない、と命令を拒否される、報復に人を使って「殺した」が、何故か、「難波一朗」は五賢者に選ばれて蘇生よ😑」
牛嶋「如月家がオーダーした「魔力異能力」の子供である、奈津子は生まれた時から「魔窟」にその身柄を拘束されていました、「魔力異能力」を求める「如月」家が行なっていた「儀式」というのは、恐らく人口生命エネルギーによる死者の「復刻」の事ではないかと思われます😩」
手塚「一度、「魔窟」で復刻されると完全に魂を奴らに捧げたことになってしまうという噂です、もし命令の拒絶や仲間を抜けようとしたら家族全員が消されると😱」
鮫島「続くだ😱情報交換に行くぞ〜😅」
夏野「東條景明の出番が多そう😑」
牛嶋「あの当時、事態の把握ができる立場だから圧倒的に有利だったんですよ」
手塚「彼の愛車は時空マシン機能を搭載してま〜す😄」

ナイスしてくれた人(203

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 203

次の投稿

前の投稿

Official

「紅く散る」

現在、無期限休止してま〜す。

現在、無期限活動休止となっていますが、更新は「鮫島ヒロシ」「夏野すみれ」「牛嶋隼人」「手塚翔子」の四名が行っています。
私は現在、派遣活動に明け暮れていますが、ナイスの活動は行っています、ブログでストーリー解説している「紅く散る」は私がキャラクター原案を行い、それを再構築したものです

「紅く散る」さんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで