檜原村探訪(外伝)


やまんばぁの家

奥多摩南部にある北秋川と南秋川が流れる東京都檜原村。その山間部、湯久保集落の中でも標高の高いところにあるお宅です。


集落と登山道の境にあるお宅で登山者からは親しまれています。親しまれていると言いましても、挨拶を交わすくらいです。

立ち寄ってお茶を頂いたりする訳でもなく、単なる通りすがりの登山者が親しみを込めて眺めているに過ぎません。


前を通って歩く際には、猪避けの柵をふたつ開けて山に出入りします。それだけ畑なども猪の被害を受けているのでしょう。


こちらのお宅には谷間に向かい視界の開けたところに「ゆ」と書かれた日よけ布がかけられています。

どうやらそこが展望露天風呂のようで何とも羨ましい限りです。温泉ではなくても湯舟に浸かれば、さぞ気持ち良いでことでしょう。

春や夏には緑を愛で、秋は真っ赤に燃えるような紅葉を味わい、冬には真っ白な雪化粧を眺めながら入る露天風呂。

自然とともに暮らす実感がわきます。


小説家の瓜生卓造氏「檜原村紀聞」によれば

「風土記には「湯ノ窪」とある。
 昔は湯が出た。手負いの猪が傷をいや
 していたという。

 湯の井戸もあったが関東震災で湯脈が
 渇れてしまった。下の谷から湯久保の
 家々を眺めると、陽を一杯に受けて高
 所に住む人々が羨ましくもなる。」

とあります(引用)


標高の高い位置にある湯久保、厳しい季節もあるでしょうが素敵な集落です。


個人宅ですので、風呂の撮影は控え、住所にはモザイクをかけました。

心の癒される長閑な山村風景のひとつでもあります。


檜原村 湯久保集落
「やまんばぁの家」前にて

#登山
#空
#雲

ナイスしてくれた人(325

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 325

2016/10/15

> mizuyari さん
おはようございます。
いつもありがとうございます。

ごく普通の方ですが、生活を楽しむゆとりを持たれ
のんびりと過ごされているようです。
山菜の漬け物、おひたし、天ぷら…自然の恵みです。
現地で頂くことが、最も美味しく感じます。

今まで猪に突進されたり、熊に遭遇したり…
ヤマドリが向かってきたり、蛇に威嚇され…
猿に囲まれたり…岩場から落ちたり…色々とあり
それでも生きて笑顔で無事に帰宅しました。

猪に足を軽く弾かれた時と、熊との出会いは
さすがに諦めもありましたが…
これからも安全第一で楽しみます。
お気遣いありがとうございます。

素敵な1日を!

  • 1

2016/10/15

> こんぺいとう太郎実 さん
こんにちは。
いつもありがとうございます。

すぐ隣にある山梨の村ではアルカリ泉が流れ出し
温泉を楽しめますので、この村でも温泉が出るのは
普通だったのでしょうね。
今となっては、とても残念です。
山の動物たちも、残念に思っていることでしょうね。

穏やかな1日を!

  • 1

次の投稿

前の投稿

#登山を含む投稿

Official

ジョー

山バカ オヤジ…

登山歴15年ほどのヤマバカ。

#登山 #雲 #空

ジョーさんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで