八百万の神々迎える 島根・出雲、恒例の神事 島根県出雲市の稲佐の浜で営まれた「神迎神事」=21日夜 記紀神話の「八百万神」が全国から島根県出雲市の出雲大社へ年に1度集まるとされる旧暦10月10日の21日夜、同市の稲佐の浜で恒例の「神迎神事」が営まれた。 稲佐の浜は出雲大社に祭られる大国主命が天照大神の使者と国譲りの話し合いをした場所と伝えられる。浜辺にしめ縄で囲った斎場が設けられ、神々の目印となるたいまつをともして神職が祝詞をあげる。神事の後は約2キロの「神迎の道」を歩いて出雲大社へ向かう。 旧暦10月は、全国各地で神々が留守になるため「神無月」といわれているが、出雲地方では「神在月」と呼ぶ。

#稲佐の浜 #神事

ナイスしてくれた人(22

  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • j.nickName
  • 22

次の投稿

前の投稿

#稲佐の浜を含む投稿

Official

also333

出会いを大切にしたい人間です。

夫婦『いいですか、夫婦ったって、赤の他人ですよ。その赤の他人同士が起こす奇跡、それが夫婦というものです。

also333さんの最近のフォト

Simplog

便利なアプリをダウンロード

iphone QRコード
App Store
Google play

簡単ブログを
はじめてみましょう!

Simplogについて

ここに写真をドラッグ&ドロップ

ファイルを選択

※2MBまで